百葉箱(ひゃくようばこ)の名前の由来ってなんでしょうね?


百葉箱(ひゃくようばこ)ってなんで百葉なんでしょうね。

小学校や、中学校で、
気温をはかるための装置、
百葉箱って知っていますか?

気象観測のための、野外に設けてある、白塗りでよろい戸の箱。
温度計・湿度計などを入れておくものです。

見かけたことある人も多いと思います。

百葉箱の特徴は?

日光を反射して、
熱を中に閉じ込めないように白く塗られています。

さらには、熱を中に残さないように、
木製で、

風通しがよく作られている。

足があって高めのところに作らている。

気象台・アメダス観測点では、
現在、百葉箱は使われていません。

最近は、小学校でも百葉箱は、
老朽化で維持管理が難しくなってきているみたいで、
撤廃されることも多いそうです。

百葉箱の名前の由来

なんか、ふと百葉箱ってなんで、
百葉箱なんだろう?
って思いまして…

名前の由来はなんなんでしょうね。

調べてみたら…

「百葉」=「八重の花びら、牛や羊の胃」。

らしいです。

え???牛や羊の胃??

なんで牛や羊の胃が、百葉なんでしょうね。
百葉箱の箱の壁の様子が、
牛の胃袋に似ているところから、
『百葉箱』と呼ばれるようになりました。

なったそうです。

ちなみに百葉箱って、日本では、1874年に導入されて、
1875年から観測されるようになったそうですよ。

百葉箱って楽天で買うと、5万円ぐらいで買えるのねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください