スポーツ 日記

三半規管を鍛えるツボや方法は?トレーニングは?

投稿日:


スポンサードリンク

乗り物酔いや、めまいが起きやすい人は、
三半規管が弱い、って聞いたことありませんか?


三半規管っていうのは、
耳の中の小さな器官です。

その三半規管が弱いと、
乗り物酔いや、めまいが起きやすいんですよね。

三半規管って、
鍛えることができるって知っていました??


三半規管を鍛えることで、
乗り物酔いがしにくくなりますし、
めまいも起きにくくなります!

今までバスに乗るだけで酔ってしまう、
舟に乗れない、飛行機に乗れない、
立ちくらみがひどい…
といった苦しみを感じていた人にとって、
三半規管を鍛えることで、
人生は変わるかもしれませんよ??

いろんな鍛え方がありますので、
ぜひぜひあなたにあった三半規管の鍛え方を見つけてみてくださいね!

スポンサードリンク

三半規管が弱いと、どんなことが起きるんでしょうか?

三半規管が弱いと、乗り物酔いになりやすかったり、

めまいを起こしやすいんですよね。

ぐるぐると回っているような感じがする…

といったことで、ふらつきの原因になったりします。

 

※体質的に三半規管が弱い場合もあります。

 

ちなみに、三半規管は、加齢とともに弱まりますので、

若いうちに鍛えておくと、いいと思いますよ。

 

精神的なストレスや肉体の疲労、

睡眠不足などもめまいの原因になりますから、

三半規管だけが原因とはいえないんですけどね。

 

さらに、三半規管が弱いと、

乗り物酔いが起きやすくなります。

 

三半規管の鍛え方

三半規管の鍛え方は、一回で完結するものではありません。

継続して、少しずつ続けていく必要があります。

 

継続は力なりですよ!続けていくことで、

効果が徐々に出てきます。

 

何事もやりすぎはよくありません!

続けられる程度が一番ですよ。

 

やりすぎてしまうと、気分が悪くなってしまったり、

2度目ができなくなってしまうこともあり、

三半規管を鍛えるどころか、

より体調を崩しやすくなることもありますので、

無理のない範囲で続けていってください。

 

回転してみる

 

まず回転することが苦手な人は、

自分から回ってみることをお勧めします。

自分で揺らしている気持ちになると、

酔いにくくなります。

 

ブランコにのる

 

ブランコはおすすめです!!

ブランコに座って、ゆっくりと揺れていき、

揺れ幅をどんどん大きくするようにしていってください。

スピードを上げていくと、三半規管が強くなっていきますよ。

 

でんぐり返し

お布団の上などで、

でんぐり返しをしていきます。

それを数回繰り返します。

回転をすることで、揺れに強くなります。

 

回転イス

座席が回る椅子に座って、ゆっくりと回ってみます。

左右に繰り返し、回ってみてください。

最初は1回転から、2回転ぐらいで慣れてきたら、

スピードを上げて5回以上回ってみてください。

 

 

一輪車に乗る

一輪車に乗るのも効果的です。

一輪車に乗れるようになれば、

平衡感覚も養われますし、

筋肉も付きますよ。

 

後ろ向きに歩く

後ろ向きに歩いてみてください。

なるべく壁には手をつかないように、

自分の感覚を頼りに動いてみて下さい。

 

目をつぶって歩く

安全な場所で、

目をつぶって歩くことで、

まっすぐ歩けるようにしてください。

 

頭を振る

一点を見つめ、

頭を右・左・上・下・右斜め・左斜めに動かしてください。

10回を1セットにして続けてください。

初めはそっと、慣れてきたら段々と速くしましょう。

 

三半規管にきくツボを刺激する

三半規管に効くツボは数か所あります。

 

内関

腕の内側中央部分で、

手首の皺から肘に向かい指3本分のところ。

コリコリとした腱2本の間です。

気分が落ち着き、胃の不快感を解消するツボです。

肩の凝っている部分

肩関節と頸の間の筋肉を鷲掴みにしてください。

耳の周囲から頭にかけて、

ちょい痛いぐらいで、

気持ちいいあたりを、

じんわりと揉んでみてください。

 

筋肉のコリは様々な体の不調を引き起こしますから、

それを和らげるようにしてみてくださいね!

三半規管についてのまとめ

三半規管については、

弱くなると、

めまいや、乗り物酔いを引き起こします。

 

なので、三半規管を鍛えるようにしてください。

三半規管を鍛えるためには、

「継続して続けること」

です。

 

一気に治す方法っていうのは、

ありません!!

 

三半規管は、一朝一夕では治りませんが、

それでも続けることで、鍛えることは可能です。

一日少しずつでもいいので、

三半規管を鍛える行為を続けてみてくださいね。

 

そうすれば、乗り物に乗っても酔わなくなりますし、

めまいに苦しめられることも少なくなりますので!

ぜひぜひチャレンジしてみてくださいね♪

それでもめまいに苦しむ人は、
こちらのサプリメントがおすすめです。

めまいでお困りなら「美聴泉」



スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-スポーツ, 日記
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

舞浜焼けを防ぐにはどの日焼け止めが良い?

スポンサードリンク 6月になり、ディズニーランドもかなり日差しが強くなっている模様です。 これから梅雨の時期を迎え、日差しは減りますが、曇りであっても日焼けをします。 特に曇りの方が日焼け止めを塗らな …

no image

新川優愛の元カレと半同棲の過去?閉めれない男?

スポンサードリンク 新川優愛さんめちゃくちゃ可愛いですよね! 新川さんみたいな女性と付き合える男の人はかなりラッキー! そんな、幸運でありながら、 閉められないことが原因でお別れした人がいたのだとか… …

no image

飯豊まりえがかわいくない?なぜそう言われるのか?

スポンサードリンク 2つのドラマで主役とヒロインを同時にやることが決まった飯豊まりえさん。 吉岡里帆さんとか、 武田玲奈さんとかと一緒に。 若い女優さんの中で、 中心になってきそうな人ですよね。 演技 …

趣味嗜好と趣味趣向。

スポンサードリンク 趣味嗜好と趣味趣向。 どちらが正しいの? ってよく思いますが、 「趣味趣向」は趣味を好む趣きのこと 「趣味嗜好」は趣味を好み嗜むこと ってことなんで違う意味なんですよね。 &nbs …

no image

金子みすゞの名言集。今日のグーグルは金子みすゞ生誕114周年ですね。

スポンサードリンク 金子 みすゞさんは、 大正時代末期から昭和時代初期にかけて活躍した日本の童謡詩人。 本名は金子テル。 大正末期から昭和初期にかけて、 26歳で死去するまでに500余編もの詩を綴りま …

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カテゴリー