浦和は、ACLでの乱闘騒ぎで、済州に対して抗議文をAFCに提出したそうです。


そりゃそうだよなぁ。

ACL乱闘騒ぎで抗議文をAFCに提出っていうニュースがありましたね。

圧倒的に今回のは、
浦和は悪くないでしょう。

済州の選手たちは負けた腹いせに、
「相手が挑発してきた」
と言って暴行をしたわけで…

こんなこと言っているけど、済州もやるでしょ、っていう
通常サッカーでよくあるシーンなんですよね。

まず、試合にも出ていない選手が、
逆側で話している選手たちの会話すら聞こえないのに、
審判の許可を取ることもなく、
勝手にフィールドに入ったことですら、
サッカー選手としてはアウトだし、

話しかけるわけでもなく、
いきなり暴力(阿部にエルボー)をして、
レッドカードをもらうなんて言うのは、
サッカーやる資格すらないと思います。

人間としてアウトだし、
あれは、暴行罪として逮捕してもいいレベルだと思います。

そして、浦和が挑発したとか言っていますが、
アウェイで0-2で敗戦していて、
ホームで2-0、延長無含めて3-0にして、
劇的な逆転勝利!!

そんなゲームなんだから、
ガッツポーズぐらいするでしょうし、
それは普通だよ。

そして、延長後半に逆転した際に、
浦和がボールをなかなか出さなかったからと言って、
ひざげりを選手に向けてやっていたりしたのは、
サッカーとして当たり前でしょ。

そんなことも知らない人たちが、
プロサッカーチームとして活動していること自体が、
怖いです。

すげぇ怖い。

さらに試合の後に、暴力しようとして、
追いかけまわしていいわけがない。

単純に暴力集団だよ。

浦和レッズは、
ACLでの乱闘などの騒動を巡って、
抗議文をアジア・サッカー連盟(AFC)に提出。
大会規定に従い、5月31日の試合終了から48時間以内に意見書をまとめました。

あんな行動を許していいわけがなく、
あのエルボーしたペクという選手は、
サッカー生命が絶たれてほしいと思っています。

その位許せない行為でした。

ちゃんとアジアのサッカー連盟が、
厳罰を下してくれることを祈っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください