22年目の告白、小説のネタバレ!


22年目の告白、小説のネタバレ!

藤原竜也主演の22年目の告白。

その小説版を読みましたので、
ネタバレを書いていきます。

22年目の告白、小説のあらすじ

 

書籍編集者・川北未南子は苦悩していた。

突如現れた美しい青年・曾根崎雅人から預かった原稿は、

巧みな文章で綴られ、彼女を魅了した。

 

しかし、そこに書かれていたのは、

22年前の、すでに時効が成立した連続絞殺事件、

その犯人による告白だったのだ。

はたして、この本は出版されるべきなのか。

だが――わたしはもう悪魔の虜になっていた……。

 

出版された『私が殺人犯です』は、たちまちベストセラーとなり、

曾根崎は熱狂を煽るかのように挑発行為を続ける。

 

犯人逮捕を果たせなかった刑事の無念。

そして、被害者遺族たちのやるせない思い――。

 

社会の禁忌に挑む小説版『22年目の告白』が登場。

 

映画とほとんど同じストーリーですね。

by カエレバ

 

22年目の告白、小説のネタバレ

尊敬する上司を殺され、妹を殺された刑事。

時効を迎え22年経った今、その事件の犯人が告白本を発表します。

 

そこに現れた、美貌の殺人犯に世間は盛り上がります。

一大ムーブメント起こした曾根崎雅人。

 

その告白の目的は??

この小説の中には結構魅了されるセリフがありましたよね。

 

犯人は実はニュースの司会者をやっている男。

彼が別荘で語る

「不幸なものほどががむしゃらに頑張る。

心の中に空いた穴を埋めるためにね。」

というのはすごいですよね。

 

むかつきます…。

 

諦めなかった男たちは、真相にたどり着きます。

ですが、真相までの距離が短いなーと思いました。

 

映画ではうまく作られていましたが、

さすが韓国原作っていう感じ。

 

 

王道展開、安直なオチっていうのは、

韓国らしさを感じますよね。

 

 

by カエレバ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください