ドラマ

Jimmy(明石家さんま)のあらすじ、キャスト、配信中止?

投稿日:


スポンサードリンク

Jimmy(明石家さんま)のあらすじ、キャスト、配信中止?

ジミー大西さんの半生を描いた明石家さんまさんの、

初めて連続ドラマをプロデュースした作品。

by カエレバ

 

Jimmy(明石家さんま)のあらすじ

 

子どもの頃から何をやっても大失敗ばかりの駆け出し芸人・大西は、

人気絶頂の明石家さんまと出会い、

芸人としての才能が開花!

唯一無二の存在となり、やがて芸人の域を超え、世界的な画家へと転身する。

一方、さんまも快進撃を続け、国民的スターへと上りつめていく。

そんな二人と彼らを取り巻く強烈なキャラクターたちとの15年にわたる交流、

そして嘘のようで本当に起こった爆笑エピソードの数々。

 

それをえがいたこの作品。

 

あらすじは以下の通り。

1980年代の大阪。

突拍子もない言動を繰り返し、幼いころから失敗ばかりの大西秀明は、

高校卒業後、どこにも就職できず、

吉本興業の舞台進行の見習いとして「なんばか月」に出入りしていた。

 

ある日、大失敗した大西は反省を示すべく

自ら裸になって階段にチンチンを紐で括りつけ大騒ぎに。

そこにやってきたのが人気絶頂の芸人・明石家さんま。

ふたりはこうして衝撃の出会いを果たす。
さんまは大西を面白がり、身の回りの世話を許すことに。

以降大西は、さんまやその芸人仲間の村上ショージ、

Mr.オクレ、なんば花月の世話係のおちゃこおばちゃんらとともに

笑いあふれる日々を過ごすようになる。
そんなある日、新喜劇の舞台に立つことになった大西は舞台上で大失敗をしてしまう。

クビになりかけた大西を、さんまは自らの進退をかけて救う。

そして、ひどいイジメを受けてきた吐露する大西に

「みじめな過去は笑いとばせ」と伝え、

この強烈なキャラクターを持った青年を人気芸人に育て上げようとさんまは決意。

 

大西はその後、さんまによって「ジミー大西」と名付けられ、

師に導かれるまま、高宮京子という専任マネージャーも付くほどの

売れっ子芸人になっていく。

数年後、”お笑い”という自分の居場所を見つけた大西だったが、

それはさんまから与えられたものでしかないということにも気づき始めていた。

 

芸人としての力のなさに悩み、引退も考える最中、

テレビ番組の企画で絵を描くことになり、大西の思わぬ絵の才能が知れ渡る。

こんな面白そうな番組見るでしょ!!!

 

って思っていたんですが…

 

どうやら配信厳しそうですね。

 

Jimmy(明石家さんま)のキャスト・配信中止?

Jimmy(明石家さんま)は、ネットフリックスで、

7月7日から配信開始する予定でした。

 

ですが、主演の明石家さんまさん役を、

今話題の、小出恵介さんが演じることになっていました。

 

というか、もうほぼすべてとり終わっているらしく、

今からすべてをとりなおすのは難しいですし、

すべての試写会等のイベントは自粛になっています。

 

これは配信難しそうですね・・・・

 

うーん。

 

大好きなジミー大西さんのことをえがいたドラマだし、

小出恵介君と中尾明慶君というすばらしい俳優さんのドラマだったので、

たのしみにしていたんですけどねぇ…

 

残念です。

 

 

 
by カエレバ
 

 

 
 

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

スポンサーリンク

スポンサードリンク

-ドラマ
-, , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

飯豊まりえ、マジで航海してます。に、武田玲奈とW主演!しかも、居酒屋ふじのヒロインも掛け持ち!

スポンサードリンク 飯豊まりえさんはまれからもう、 大好きなんですけど、 どんどんオファーが増えていって、 忙しくなっているみたいですねー!!  楽天市場で購入Amazonで購入Yahooシ …

no image

『ぼくらの勇気 未満都市 2017』、“相葉雅紀と松本潤”が“アキラとモリ”で出演

スポンサードリンク わー!同じキャラで出るんだ!! うれしいね! おれが15歳ぐらいの時にやっていた、 ドンピシャのドラマ、 1997年に放送された Kinki Kids主演のドラマ 『ぼくらの勇気 …

no image

貴族探偵10話の視聴率とあらすじ!最終回にすべての犯人がわかる?

スポンサードリンク 貴族探偵がそろそろ終わりますね! 本日放送した10話と、来週放送の最終回で、 終了してしまいます… 視聴率は本当に全然取れませんでしたが、 視聴率で判断できないぐらい、 おもしろい …

スポンサーリンク

スポンサードリンク

カテゴリー