松ヶ根乱射事件の川越美和懐かしい。


川越美和さんが、

35歳の若さで2008年に亡くなっていたニュースが、

本日報道されていて、

かなりびっくりしました。

 

子供心に、

天までとどけの「涙くんさよなら」が大好きだったから、

ショックが大きい・・・

 

川越美和さんは2007年に芸能界引退されて、

知り合いの借金の保証人になっていて、

自己破産されていて、

2008年にはお亡くなりになっていたそうです。

孤独死だったという悲しい話もあり…

 

ショックが大きいです。

芸能界という華やかな世界にいて、

かなり活躍されていたイメージだったので、

ちょっとずれてしまうとこんなことになってしまうんですね…

 

俺も独身で、一人暮らしだから、

孤独死しても誰も気づかないよなぁ。

って思ってしまうと、

怖いなぁ…

 

川越美和さんで最後のイメージは、

松ヶ根乱射事件

での、最初に発見されるご遺体の役。

 

新井浩文が警察役で、

リンダリンダリンダの山下敦弘が描くブラックユーモア。

 

松ヶ根乱射事件 あらすじ

1990年代初頭、雪の降りしきる小さな町松か根の国道で女(川越美和)の死体が発見される。警察官の光太郎(新井浩文)が女の検死に立ち合っていると、突然女はその場で仮死状態から目を覚まし、自らを池内みゆきだと名乗る。刑事(光石研)はひき逃げされたことをまったく覚えていないと証言する彼女の話を怪しむが……。

 

って感じなんですよね。

これ面白かったなぁ。

記憶にすごいあるわ。

 

あー、悲しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください